製造開発

製造開発

会社方針

 



私たちはユーザー様の健康と生活を最大限支える意志のもと、ユーザー様にやさしい既製品開発、また、一人一人に合わせた、フルオーダーメイドの製造開発に取り組んでいます。






●信頼の製造技術

エレボジャパンでは、高強度の車椅子を軽量に作り上げる為、外径φ22(厚さ2㎜)のパイプを全体で使用し、
背パイプなど力の集中する箇所には、φ22のパイプの内に細いパイプを差し込み、互いを栓溶接(プラグ溶接)で固定させ、二重構造で補強をしています。
(栓溶接の仕上がりは、穴埋めのような仕上がりになります)

更に強度を要する場合は、肉厚パイプを使用して、頑丈なフレーム作りをしています

 

 

 

 

●ハングティルト方式を採用したEQUVOシリーズ

 

通常のティルトでは、座フレームの下側に中心点がある為、ティルトをした際に、頭部が後方へ大きく移動するので、転倒を防ぐ為、後輪を更に後方へ設定することで重くなり、操作しにくくなりますが、
ハングティルト方式を採用したEQUVOシリーズは、座フレームの上方に中心点があり、ティルトをした際にも頭部の後方移動が少なく、ゆりかごのような動きをする事で、ティルト操作も軽く行えます。
また、後輪位置も前方へ設定する事が出来る為、バギー操作も軽く、快適に行えます